自分史制作&読者を惹きつける文章の書き方講座


9月15日(土)サンクチュアリ出版様のイベントホールをお借りして、

「自分史制作&読者を惹きつける文章の書き方講座」

を開催いたしました。


この講座では、

「自分が生まれてから今までの歴史(自分史)」の作り方やスタイル、

制作の際に注意すべきポイントや、書き方のコツをお伝えいたしました。


まずは「自分史年表」を作ってみることから始めます。

自分の生まれた年からスタートして現在の年齢まで、

その年にあった出来事を思い出しながら、1年ごとに記録していきます。


誰にでも「自分の人生における10大(重大)ニュース」があります。


この年に、一人暮らしを始めた。

この年に、長女が誕生した。

この年に、会社が倒産してしまった。

この年に、大病を患った。


良い出来事も、良くない出来事も、すべて自分が経験してきた「歴史」です。

覚えているようで、実際「西暦何年の出来事だった」とハッキリ言えなかったり、

当時住んでいた場所の正式な住所や、そこで出会った人の名前など、

記録に残しておかなければ、どんどん忘却の彼方へ行ってしまいます。


「あの出来事があったから、今の自分がいる」


自分史の制作は、過去を振り返り、生きてきた軌跡を記録し文章化するだけでなく、

「これからの自分の生き方を創造する」キッカケにも繋がります。


今回の講座には、スマイルLABOからご出版いただいた著者の方々6名を含む

16名の方にご参加いただきました。

中には、仙台から父娘でご参加いただいた方もいらっしゃり、

大変ありがたく思っております。



少しの時間を使って、皆様には実際に「自分史年表」を作っていただき、

その中で「自分の人生の10大(重大)ニュース」を、お隣の方と伝えあっていただきました。

大変に盛り上がり、このまま講座を終わりにしようかと思ったくらいです(笑)



人生には必ず、ターニングポイントがあります。

大きな喜び、挫折や苦悩、悲しみ、思いもよらない出会い、奇跡・・・

自分の人生に起こった出来事の中で、

「誰かに伝えたい、残したい」と思うことを

文章や写真、絵、その他様々な方法で「カタチ」にしていくのが、自分史制作です。


私はすべての人に、一生に一冊、

「自分の本」を作って欲しいと思っています。

本というカタチにすることで、自分の「生きた証」を未来に残せます。

「自分史」なら、誰にでも作れると思います。


また機会があれば、「自分史制作講座」開催したいと思っております。


スマイルLABO

株式会社スマイルLABO 書籍出版・企画・制作・販売 ビジネスマナー・コミュニケーション教育