正しい日本語・敬語と文章コミュニケーション


こんにちは。

スマイルLABOの長谷川です。


ただいま、次回セミナーの企画に取り組んでおります。


企画にあたり、昨年からスタートした

「はじめまして」から10分で、あなたのことが好きになる。

 ~最強のコミュニケーション術を学ぼう!~

の開催時、受講者の皆様にご記入いただいたアンケートの中で、

「今後、どのようなセミナー(研修)を受けてみたいですか?」

という項目にチェックしていただいたものを、集計してみました。


すると、受講者の皆様=向上心旺盛な皆様が、

次にスキルアップしておきたいと考える内容の傾向が見えてきました。


集計結果は、以下の通りです。


1位 正しい日本語・敬語講座

2位 文章コミュニケーションスキルアップ講座

3位 第一印象 好感度アップ講座

   接客・電話応対スキルアップ講座

5位 コミュニケーションアドバイザー養成講座

   自己紹介・スピーチ レベルアップ講座

その他 クレーム対応、管理者育成など


1位2位ともに、「敬語」「言葉の使い方」という、

文章系の講座でした。



そうなんですよね。

現代社会において、コミュニケーションの多くが

「対面」ではなく「文章」で交わされているという事実。


今こうして記事を書いている私も、

出来るだけ多くの方に、弊社の業務を知っていただきたいという思いから

文章にしているわけです。


最も優れたコミュニケーション法は、やはり「対面」です。

互いの顔が見えるコミュニケーションだからこそ、

多方面から相手を知ることができ、良い関係を築きやすいのです。


しかしながら、対面には限界があります。

例えば現在、私個人のフェイスブックで「友達」になっている方は、

1300人余りです。

アメーバブログの読者も、1200名ほどです。

これらの方々すべてにお会いすることは、至難の業・・・

いや、ほぼ不可能だと思います。


でも「文章」であれば、ホームページやブログ、メール等で

遠方の方をはじめ多数の方々に向けて、情報発信をすることが可能です。


問題はその発信する「文章」です。


・相手の理解を得られる内容にまとまっているか?

・読みやすい文章であるか?

・相手に合わせた敬語、言葉選びが出来ているか?

・印象の悪い文章になっていないか?

・ネット上のルールやマナー(ネチケット)が守られているか?

・相手の共感を呼ぶ(コミュニケーション力の高い)文章であるか?


このような問いかけをすると、

皆さん一気に下を向くか、苦笑いをされます(笑)


はい。

残念ながら「対面」と違い、

文章のミスや印象の悪さは、「笑ってごまかす」ことが出来ないんですよね。


私は20年ほど前から、この

「正しい日本語・敬語講座」と

「文章コミュニケーションスキルアップ講座」を、

企業様向けに実施してまいりました。

「正しい日本語・敬語」は、接客や電話応対の基本中の基本ですし、

「文章コミュニケーション」は、仕事でお客様や取引先等と

メールでのやり取りをされている方には、必須のスキルです。


今回のアンケート結果で、やはり文章系スキルアップの要望が高いことを知り、

この内容をアレンジしたスキルアップセミナーを企画したいと考えています。


セミナーで習得していただけるのは、


1.正しい敬語(新分類:尊敬語・謙譲語Ⅰ・謙譲語Ⅱ・丁寧語・美化語)

2.接客・電話応対に欠かせない「ビジネス敬語」

3.ネチケット(ネット上のルールとマナー)

4.ビジネスメールの基本テンプレート(件名・宛名・本文・署名等のルール)

5.文章コミュニケーションで好感度を上げるコツ


んー これはかなりのボリューム・・・・

問題は、所要時間ですね~


出来るだけ気軽に参加していただきたいので、あまり長時間にならないように

これから色々と検討してまいります。


なお、このような内容のセミナーを

自社内で開催したいというご希望も、随時承ります。

少人数でも構いませんので、ご予算や規模など、お気軽にご相談ください。


お問合せ・ご相談 ←コチラ


企画内容が固まりましたら、お知らせいたします!

どうぞよろしくお願いいたします♪